千葉でする葬儀の種類

千葉では葬儀の都市化や簡素化が進んでいるのですが、実際に葬儀をするとなった場合、どんな種類の葬儀ができるのでしょうか?

(1)一般葬

一般葬とは、多くの人が参列をしたことがあるという、家族や親族だけではなく、友人や知人など故人を取り巻く全ての関係者が参列することのできる葬儀のことをいいます。

通夜式と告別式と二日間に分かれて行われます。

家族だけでする場合を家族葬といいます。

一般葬は規模によって費用がかかる葬儀となりますが、故人の生前をよく知り、ぜひ弔いたいという人も参列できるので多くの人に見送っていただける葬儀です。

(2)一日葬

一日葬とは、通夜式をせずに一日で終わらせる葬儀です。

簡素化しつつある葬儀の中で時代のニーズにあった葬儀の形といえます。

時間や手間、費用を掛けずに執り行ないたいという場合におすすめです。

(3)直葬・火葬式

直葬・火葬式とは、通夜式や告別式をせずに、火葬だけをする葬儀になります。

葬儀の中でも最もシンプルな形になります。

葬儀の必要性を感じないという人も増えている中、直葬・火葬式を選択する人は増えている傾向にあります。

(4)自由葬

自由葬とは、宗教や宗派に捉われず、自由な最後のお別れができる葬儀です。

故人を偲び、思い思いにゆっくりお別れができることでニーズが高まっています。

千葉で葬儀をする際には、一般葬、一日葬、直葬•火葬式、自由葬などがあり、故人や家族の思いを尊重して選ぶことができます。

Comments are closed.