千葉で葬儀をしない選択

千葉で家族が亡くなったという場合に、人が亡くなれば、通夜式や告別式と葬儀をするというのが当然と考えられているのですが、この葬儀というのは必ずしなくてはならないのでしょうか?実際に千葉で葬儀をしないという選択をする人はいるのでしょうか?

葬儀というのは、必ずしなくてはならないという訳ではありません。

経済的な理由やその他の理由でどうしてもできないという場合もあるでしょうし、ここ最近では葬儀の簡素化が進み、それだけではなく葬儀自体が必要ないと考える人が増えている様です。

葬儀をすることで残された家族に迷惑をかけたくないという故人の意思である場合もあります。

よって家族葬や直葬が増えている傾向にあるのですが、実際に葬儀の簡素化というのは難しいことでもあります。

なぜならば、葬儀というのは残された家族のためだけではなく、親しかった友人や知人が故人と最後のお別れをしたいと望んでいるからです。

知らない間に荼毘に付してしまい弔えなかったと悲しい思いをする人がいるということを忘れてはなりません。

家族葬にしてしまえば、親族の中に一人参列するのも気まずく、なかなか行ける雰囲気ではありませんよね。

故人の生前の人つきあいに合わせた葬儀を考えるというのが大切なことといえるでしょう。

千葉で家族が亡くなった場合、葬儀をするかしないかということは故人の意思、故人の生前の人つきあいなども踏まえてどの様な形にするかを考えましょう。

Comments are closed.